このサイトとエンネアについて


1.このサイトについて

初めましての方は初めまして、こんな管理人に会ったことがあると言う方はまたよろしくお願いします。
このサイト「エンネアを救い隊」は、Nitro+様より販売されているデモンベインシリーズに登場するサブヒロイン:エンネアの救われた世界の実現を目指し立ち上げられました。
エンネアの原作等における不遇ぷりはこちらの外部サイトにまとめられています。(大基のページは管理人が作成しました。ネタバレがかなり含まれますので御注意を)
そんな彼女が救われた世界は残念ながら機神咆吼デモンベインの参戦したスーパーロボット大戦UXでも叶いませんでした。
このサイトを通じて皆さんのエンネアを救いたいと言う想いを共有し、より大きなものにでき、外部に発信出来れば光栄です。

と大げさ書きましたが「エンネアは特別好きでないけどかわいそうだと思う」、「エンネアはよく知らないけど興味がある」ぐらいの方でも大歓迎です。
皆さんでワイワイ楽しんでいただければ管理人として本望です。

2.当サイト全体の注意事項

このサイトを利用される上での注意事項

@荒らし、デモンベインまたはエンネアアンチの方はお帰りください。

Aエンネアを貶める発言及び行為はお控えください。

B斬魔大聖デモンベインは18禁ソフトですが当サイトは健全サイトになります。

C管理人の思いっきり主観の入った妄想が垂れ流されています。ご了承ください。

D当管理人は九郎×エンネアを推奨しています。このカップリングが苦手もしくは認められない方はご注意ください。

Eその他管理人への苦情等ありましたら。メールか掲示板かウェブ拍手にてご連絡を

3.管理人の考えるエンネアの救われた世界とは

人それぞれ形はあるでしょうがとりあえずこんな感じで考えております。

@エンネアの原作のような最期を迎えずエンディングまで生き残り九郎と共に生活をするような世界。

A原作のような最期を迎えても転生の後呪縛から解き放たれ九郎と共に生活をするような世界。

Bエンネアが一人の少女として好きな人(九郎)に恋をして、結ばれて、その好きな人との間に子供を設けるそんな世界。

C九郎とアルとの共同生活でそのままエンディング。九郎を巡りアルとドタバタな生活を繰り広げる。ブラックロッジとかテリオンとの決着とかは置いておいて(

Dとにかくエンネアが心からの笑顔で笑える。そんな世界。

あくまで管理人はそう思っているぐらいで受け止めてください。
救われた世界は人それぞれです。無理に合わせる必要はありません。

4.各コンテンツルール

あんまり堅苦しいルールを設けたくはないので最低限守ってください。
守らない方、守る気のない方はアクセス制限の対象になります。

■隊員名簿に関して

・エンネアアンチ・デモンベインアンチ・荒らし以外ならどなたでも登録可能です。
・管理人が認めた場合を除いて他の方へのなりすましはおやめください。発見し次第削除します。
・二重登録はおやめください。ただし、同じ家でご兄弟等の場合はかまいません。
・スパム業者対策をしています。よく読まれてからご登録をお願いします。

■掲示板に関して

・似たようなスレッドをいくつも建てる行為はおやめください。
・自分用アイコン登録を希望される方はお申し出ください。
・小説投稿(またはそれに近いもの)はかまいませんが作品投稿のルールはお守りください。

■お絵かき掲示板に関して
・極端に手抜きと思われるものは削除します。管理人の主観で判断することになりますがご了承ください。
・イラストはトップ絵で使用させていただくことがございます。嫌なお方は事前にお申し付けください。
・作者様の許可がある場合を除いて自分が描いた絵でないもののアップロードはお控えください。

■チャットに関して

・アイコン登録が可能な高性能チャットです。アイコン登録についてはこちら削除に関してはこちら
・アイコンに関しては著作権上問題になるもの、他の方が不快になれるものの登録はお控えください。
・アイコン登録・削除がわからない方はお気軽に管理人にお申し付けください。
・おみくじやその場にそぐわない発言連発でのログ流しはおやめください。
・電報は悪口を言う場ではありません。苦情等がある場合は管理人まで

■WEBドラマ関して

・管理人が許可した等、特別な場合を除いてエンネアを悪い扱いはしないでください。
・一部オリジナルキャラクター及び変更がいます。
―大十字ラムネ:未来から来た九郎とエンネアの娘。モデルはISの更識楯無。
―大十字九郎:アルとエンネアを同程度に愛している。

■ウェブ拍手に関して

・返信の際拍手内容を一部省略・改変させていただく場合がございます。
・必ず管理人から返信があるとは限りませんのでご了承ください。
・拍手内容にお名前を入れていただくとやりやすいです。

5.作品投稿に関して

当サイトは作品投稿を募集しています。メールでも掲示板・お絵かき掲示板でもかまいません。お気軽にどうぞ。
ただし、以下のことをお守りください。

@当サイトは健全サイトになります。18禁及びそれに相当する描写のあるものはご遠慮ください。際どい場合はご相談ください。

Aエンネアの救われた世界を目指すサイトですのでエンネアが悲惨な結末を迎えるものはご遠慮ください。(シリアスになる程度でしたからかまいません)

B小説に関してはエンネアがまったく登場しないもしくは極端に出番が少ないのは場合によっては掲載をお断りする場合がございます。

C残酷描写はなるだけ控えてください。原作でのエンネアの最期の場面もどうしても必要な場合のみにしてください。

D極端に手抜きと思われるイラスト・小説は掲載をお断りする場合がございます。管理人の判断ですのでご了承ください

6.誰でも創れるエンネアの救われた世界

実行可能な範囲ではありますが誰でもエンネアの救われた世界を創れます。

LV5:公式リメイクによるエンネアルートの創設。これもやはり個人では実現不可能ですので公式に働きけていくことになります、Nitro+さんはリメイクでも大幅な改変はあまりしないようなのでLV4よりさらに難易度があがります。実現すれば間違い無く文字通り公式で救われたといって良いでしょう。

LV4:スーパーロボット大戦でのエンネア救済ルート創設。これは個人では実現不可能であるためバンナムさんに訴えて行きましょう。実現すれば個人やこのサイトだけでなく世間一般でも救われたと言っても良いでしょう。

LV3:イラストや漫画を作る。小説よりずっと視覚的に残りやすいです。画力が必要なので難易度高め。

LV2:小説にする。画力がなくてもできます。形に残ります。←管理人はここまでです。

LV1:妄想する。最も手軽であるが形には残らない。

7.エンネアについて

エンネアの基本的な情報は1の外部サイトに書いてある通りですがここではそこにはない原作での他の人物関係を紹介します。(主観が入りまくりなのでご注意を)
大十字九郎:無限に絶望を繰り返すこの世界においてエンネアの心の安息の場所とも言えるデモンベインシリーズの主人公。
エンネアにとって彼は希望そのものであり、エンネアに課された絶望の因果から逃れるために頼った存在であり、エンネアは積極的にアプローチする異性としても大好きな存在。
総じて彼女が救われた世界を目指す上で欠かせない存在であり、デモンベインシリーズでエンネアの旦那になるのは彼しかいないと言っても過言ではない。
アル・アジフ:魔導書、ネクロノミコンの化身の少女の姿をした1000歳を超えるロリババア。デモンベインシリーズにおけるメインヒロインであり、大十字九郎のパートーナー。
斬魔大聖、機神咆吼ではエンネアと九郎を巡って壮絶な女の闘いを繰り広げるシーンは必見。最終的に大十字九郎と結ばれ機神飛翔では二人の子供が登場する。
エンネアの恋のライバルであり、愛しの九郎を旦那にするには最大の壁である、同時にエンネアが九郎と共に世界に希望を見だした存在である。
ライカ・クルセイド:Cの巫女を作り出すムーンチャイルド計画で誕生した一人であり孤児院を営むシスター。赤貧である九郎の生命線である。
設定上同じムーンチャイルド計画によって誕生したエンネアの姉にあたる。
実際に九郎に取ってそうである通り、エンネアに取っても面倒見の良いお姉さんである
ウェスパシアヌス:ムーンチャイルド計画の責任者であり、ブラックロッジの最高幹部アンチクロスの一人。
彼に曰くエンネアは最高傑作であるそうだが、エンネアが絶望の因果に囚われその記憶を持っていることは知らない。
なお、アンチクロスでも最強であるエンネアにはクトゥルーで瞬殺されている。
エンネアを誕生させたことの一点においては功績あり。
マスターテリオン:エンネアを殺し転生を続ける絶望の魔人。無限に繰り返すこの世界に絶望しており基本的に感情らしい感情を失っている。
エンネアを「母」と呼ぶがそれは決して家族というものではなく、ただ産み落とす存在であるという一点でそう呼んでいるだけで、エンネアに取っても望まない子であり彼に母と呼ばれると激怒する。
エンネアに決して取って良い存在とは言えないが彼もまた無限螺旋の被害者であり、エンネアを語る上で外せない存在である。
ナイア:エンネア等を絶望の無限螺旋に取り込んだ邪神:ナイアルラトホテップであり、デモンベインシリーズの黒幕。
ロボットものの作品に悪役は必要な物のここまで純粋なる悪は正直珍しい。
総じてエンネアに取って忌むべき存在であり、エンネアの救われた世界では絶対にいてはいけない存在。
暴君ネロ:エンネアのブラックロッジにおける拘束具姿。
大好きな九郎に買ってもらった服があるため九郎との接触後でエンネア自身がこの姿で登場することはない。
エンネアの救われた世界では必要のない顔であるがこの姿もまた彼女であるため黒歴史にすることができない存在。

8.管理人のエンネア考察。
思いっきり主観の入ったエンネアの考察。管理人はエンネアをこう思っている程度に流し読みしてくださればおkです。

■8−1:本当の姿は異名の暴君ネロか大十字九郎に見せたエンネアか。
モブキャラではあるもののブラックロッジの信徒を大量に殺しており、アンチクロスを3名瞬殺している。
だがこれは無限に繰り返されるこの世界の彼女に取って、もはや希望は大十字九郎だけでありそれ以外の存在は有象無象の存在でしかないということ。
機神飛翔で九郎とアルで希望を見だし、マスターテリオンを赦した彼女はやはり本来は優しい少女であると考えます。
ただ、その彼女がそうなってしまうほど繰り返される絶望があまりに重く彼女にのしかかったのでしょう。
当サイトでは基本的にエンネアとしての姿を推奨しています。

■8−2:エンネアは何故慕った九郎と共闘せず、自らが抹殺される道を選んだか。
過去の世界で何度も九郎との共闘はあったのでしょうがナイアルラトホテップの介入によってそれは結局悲劇に終わったとかんがえられます。
それがいつもの絶望よりはるかに大きい絶望だったが故彼女は共闘という道を選べなくなったと思われます。
そして絶望した彼女が選んだのは神の兵器:シャイニング・トラペゾヘドロンによるこの絶望の因果からの抹消という悲しい道だったのでしょう。

■8−3:エンネアが絶望を繰り返す無限螺旋で明るい性格でいられたか。
心の底では絶望しているがやはり大十字九郎と共に過ごせる短い期間が彼女に取って数少ない心の拠り所であり、また次の世界でも大好きな九郎と会えるわけですのでマスターテリオンのような性格にならなかったと推測されます。
総じて大十字九郎がいるからこそエンネアはエンネアでいられたのでしょう。

■8−4:アル・アジフルートの旧神エンドはエンネアの救いか
管理人個人としてはあれは絶望の螺旋からの解放であると考えています。
エンネアは語るのも辛い思いを繰り返して来ました。
その彼女の救いが大好きな九郎を見守るだけではまだ救いまでは届いていないと考えています。
エンネアは優しい子ですのでそれでもいいのかもしれませんが、やはり一人の少女としての幸せを掴むまではこれを救いとして考えてはいません。

■8−5:エンネアは大十字九郎を異性として好きか。また逆はどうか。
心の拠り所としての好きな存在か異性としても好きな存在かは意見が分かれるところでしょうが自分は後者だと考えています。
アニメ版ではクトゥルーで今生の別れの前以外にも「九郎を好き」と発言しており異性として意識しているのが見られます。
原作においても九郎に買ってもらった服を他のアンチクロスに攻撃を受けてもクトゥルーに取り込まれてからも守っておりやはり九郎の存在は彼女に取って欠かせないものである=異性としても好きと考えています。

逆に大十字九郎がエンネアを異性として好きかどうかは微妙な所ですが少なくとも家族としては好きなのはほぼ確定と言って良いでしょう。
理由としてはクトゥルーでの戦い後エンネアを自分の家に受け入れる発言をしており、その時もうアル・アジフへの想いは自覚があったでしょう。
それでもエンネアを受け入れようとした九郎は間違いなく家族としては愛していたと思われます。
また、最終決戦後アル・アジフとの別れたあとの彼の回想でアルと共にエンネアが回想的なCGで登場します。
わずか一週間余りの短い生活であったものの彼にとってエンネアがそれほどまで大きな存在になっていたところをみると異性としての愛情もあったと考えても良いと思われます。
詳細についてはこちらを参照してください。→外部リンク



戻る